猫も蚊に刺される!アレルギーも?対策や蚊取り線香の安全性について解説

こんにちは!蚊のプーンという音がキライな「たけのこ」です。

たけのこ
たけのこ
今回は「猫と蚊」について解説していきます!

筆者「たけのこ」は蚊が大嫌いなため、当記事には蚊に関わる画像を極力除いています。見たい方はご自身で虫を検索してご覧ください。

夏の風物詩といえば、スイカや花火などと並んで蚊を連想される方も多いのではないでしょか。

気が付いたら刺されてしまい、痒くなってイライラされた経験がある方は多いはず。

そんな蚊は猫に対しても悪影響を及ぼします。
今回は虫嫌いな筆者「たけのこ」が、猫に配慮した蚊よけ対策について解説していきます。
今年の夏は蚊とサヨナラ!

【保有資格・実績】
「猫飼育歴20年以上」「ペット看護師」「ペットセラピスト」「ペットフード/ペットマ ナー検定合格」 「WEBライター活動中」「管理栄養士」 「上級心理カウンセラー」「JADP認定メ ンタル心理カウンセラー®」「SEO検定1級」
Twitterはコチラ:
たけのこ@猫主夫

猫が蚊に刺される危険性

意外かもしれませんが蚊は感染症を媒介し、世界でも猛威を振るっている危険な存在です。

その危険性は、猫の身にも及ぶ可能性があります。

特に怖いのがアレルギーとフィラリア。

アレルギーは蚊と接触することで、鼻や耳、肉球に異変が生じます。

一方、フィラリアとは寄生虫のことで、何も変化がない子もいれば、重い状態となる子もいるため油断なりません。

猫の蚊対策は必須なのです

猫に配慮した蚊よけ対策のポイント4選

蚊対策が必須とはいえ、下手に薬剤を撒いてしまうと猫は大丈夫か心配になりますよね。

猫に配慮した蚊よけ対策において重要な4つのポイントを解説します。

①猫に蚊取り線香は安全?

蚊取り線香は、煙が広範囲に広がり素早い蚊でも簡単に退治できる優れものです。

とはいえ、猫のいる部屋でも問題ないかと不安に感じてなかなか使えない方もいらっしゃるはず。

蚊取り線香を販売しているアース製薬は、ホームページ内において下記のように述べています。

ペット(犬や猫など)や観賞魚がいる部屋で使っても大丈夫?
以下をご参考にご使用ください。

犬・猫・ハムスター・小鳥などのペット

ご使用いただけます。ただし、閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください。

引用:アース製薬よくある質問

猫がいる部屋でも問題ないが、窓を開けるなど換気の必要はあるとのことです。

人間でも締め切った室内で蚊取り線香を焚くと、異変が出る方もいるため風通しを良くした方が好ましいです。

また、使って大丈夫とはいえ、猫が誤飲誤食しないように管理する、点火中は近づけさせないよう気を配る必要もあります。

不安が消えない方は、アース製薬から販売されているペットに対する安全性が確認された「ペット用アース渦巻AC」を選ばれることをオススメします。

②玄関などの蚊よけは必須

室内への蚊の侵入経路は玄関から窓など様々。

帰宅時や洗濯物を取り込むタイミングに、侵入される恐れがあります。

猫が爪とぎで開けた網戸の穴から、室内に入り込んでくるケースも考えられます。

そのため、虫よけネットのような物を侵入経路と思わしき場所に設置するなどの対策が必要です。

ちなみに「アース虫よけネットEX」に対するペットへの安全性は下記のように解説されています。

乳幼児・子供、犬・猫などがネットをなめた(かじった)のですが、害はありませんか?
まず、問題はないと思われます。

口の中に刺激を感じたり、いやな味がしたりする位で、それ以上害になることはありません。
濡れタオルで拭くか、水でよくうがいをする程度で結構です。

引用:アース製薬よくある質問

猫がいても安心です!

③猫のフィラリア予防をしていない場合

生活環境に蚊が侵入してくることが多い場合は、猫のフィラリア予防にも意識を向けましょう。

意識を向けるといっても、動物病院で猫用の予防薬を処方してもらい背中にポチャンと滴下するだけです。

気になる方は、かかりつけの獣医師さんに相談してみてください。

④【確実】害虫駆除業者に相談

確実に蚊の悩みを解決したい!という方は、害虫駆除業者に相談してみるのもアリです。

害虫駆除業者は蚊の生態や侵入経路、効果的な撃退方法を熟知しています。

素人対策を数多く施すよりも、プロに任せた方が、安くて早いケースも多いです。

【害虫駆除110番】 では猫のいる部屋に配慮した駆除方法を提案してくれるため、安心して依頼できます。

\打倒!蚊!/

蚊の退治を相談する

猫の好物マタタビと蚊の意外な関係

余談ですが、猫の大好物マタタビと蚊の意外な関係性が研究で解明されつつあります。

2021年1月に公表された国立大学法人岩手大学・国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学・英国リバプール大学・国立大学法人京都大学による共同研究にて、猫がマタタビに反応するのは蚊が忌避する成分を体に擦りつけるためであることが報告されました。

マタタビの成分ネペタラクトールが、蚊よけに効果があるとされ、猫たちはマタタビを上手に活用して危険な蚊から身を守っているのではと考察されています。

ただ、酔ってるだけではなかったのか!

Click here for English version 研究概要国立大学法人岩手大学は、国立大学法人東海国立大…

猫が蚊に刺されたかも!と思ったら

室内に蚊が侵入し、猫が刺されたかもと思ったら、こまめに猫の体をチェックしてあげてください。

いつもと違って腫れてるな、痒そうだなという印象を感じたら、最寄の動物病院に電話やメールなどで相談されることをオススメします。

たけのこ
たけのこ
大事なのは日々のチェック!

猫と蚊 まとめ

日常的に見かけることから、蚊に対する危機感は薄れがちですが、人類の天敵といっても過言ではない脅威を有しています。

当然、猫にも害となる存在なので夏など、蚊が大量発生する季節は対策を徹底することが大事です。

蚊に刺されると痒いし不快ですよね。

猫に同じ思いをさせないよう頑張りましょう!
twitterでも、あなたと猫のお役に立ちます