キャットフードはドライ・ウェットどっち?ミックスフィーディングとは?猫の餌の与え方を解説

こんにちは!ペット看護師資格を持つ「たけのこ」です。

たけのこ
たけのこ
今回は「キャットフードのドライ・ウェット」について解説していきます!

キャットフードはドライとウェット、どっちがいいのか?

猫の飼い主さんの悩みとして、キャットフードのドライ・ウェットは多いです。

よく分からないから大袋のドライフードにしていたり、奮発してウェットフードを与えているなど飼い主さんによって様々です。

  結論を述べると必要な栄養・水分を満たしていれば、どちらでも問題ありません。
ただし、各フードにはそれぞれメリット・デメリットがあります。
この記事ではキャットフードのドライ・ウェットについて、猫初心者にも分かりやすく解説していきます。
たけのこ
たけのこ
記事の最後に診断ツールも用意しています。ぜひご利用ください!

 

ドライウェット
開封後の保存性ウェットよりは長持ちドライより痛むのが早い
栄養の与えやすさ栄養を補充しやすいドライよりは手間
1食あたりの価格安く抑えやすい高くなりやすい
歯石のつきにくさつきにくいつきやすい
水分摂取不可可能
食いつきフードの種類、猫との相性によるドライより猫の嗜好に合いやすい
フードの硬さ硬いやわらかい

右にスライドできます➡

【保有資格・実績】
「猫飼育歴20年以上」「ペット看護師」「ペットセラピスト」「ペットフード/ペットマ ナー検定合格」 「WEBライター活動中」「管理栄養士」 「上級心理カウンセラー」「JADP認定メ ンタル心理カウンセラー®」「SEO検定3級」
Twitterはコチラ:
たけのこ@猫主夫

スポンサーリンク

キャットフード|ドライタイプの特徴

ドライフードとは、乾燥している猫のご飯です。

たけのこ
たけのこ
通称「カリカリ」と呼ばれています

種類が豊富&コスパもいいことから、とりあえずドライフードを買っているという方も多いのではないでしょうか。

ここではドライフードの特徴について詳しく解説していきます。

ドライフード特徴①|保存性が高い

ドライフードの大きな特徴は、高い保存性にあります。

水分含有量10%程度と少ないため、開封後もしっかり密閉し適切な保存をすることで長期間品質を保ちます。

ただし、保存性が高いといっても酸化や劣化などは進行しますので、こまめに使い切れる小袋タイプがオススメです。

たけのこ
たけのこ
その他、保存容器も厳選されることをオススメします

ドライフード特徴②|優れた栄養バランス

猫が健やかに暮らすために推奨されている食事内容は総合栄養食+新鮮な水です。

ドライフードは栄養バランスが優れており、総合栄養食がほとんどです。

そのため、総合栄養食のドライフードを与えていれば、猫の栄養について深い知識がなくてもOKです。
たけのこ
たけのこ
総合栄養食?何それ?という方は下記をご覧ください

ドライフード特徴③|ウェットフードより低価格

ドライフードはメーカーや商品にもよりますが、基本的にウェットフードより価格を抑えやすいです。

栄養効率がよいドライフードは、ウェットフードより少ない量でカロリーを摂取できます。

保存性も高いため、セール中などに買い溜めしておくことも可能です。

ただし、「お徳用」、「大入りタイプ」は開封してから使い切るまで時間がかかり酸化や劣化しやすいです。

たけのこ
たけのこ
だいたい1ヶ月くらいで使い切る程度だけ購入されることを推奨します

ドライフード特徴④|歯石がつきにくい

ドライフードは猫の歯石がつきにくいと考えられています。

猫にとっても歯は一生もの。
意識していきたいですね!

ドライフード特徴⑤|置き餌は非推奨

猫はこまめに食事をとる動物。

そのため、置き餌という方法でご飯を与えている飼い主さんは多いです。

保存性が高いドライフードはウェットフードに比べれば置き餌に向いています。

しかし、置き餌は酸化による劣化以外にゴミや虫の混入など衛生面での懸念点があるためオススメしません。

置き餌をするより自動給餌器を導入した方が安全で便利です。

自動給餌器の多くがドライフード向けに開発されており、保存容器としても活用できます。

ドライフード特徴⑥|食事から水分補給できない

ドライフードには水分がほとんど含まれておりません。

そのため、猫の健康維持に重要な「水分補給」を食事で補給できません。

祖先が乾燥地域で生きていた猫は水分補給を頻繁に行いません。

ドライフードと併せて水分補給させる工夫が必要となります

ドライフード特徴⑦|噛む力が弱い猫には不向き

ドライフードはウェットタイプのフードと比較すると粒が硬いです。

フードによっては子猫、老猫など噛む力が弱まっている子には食べにくいケースがあります
フード粒の硬さは、水でふやかすなどの工夫で改善できます。
詳しく知りたい方は下記の動画を参考にしてください。
猫の食欲を改善させる作戦がこちら【フードふやかし作戦】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

キャットフード|ウェットタイプの特徴

猫のウェットフードとは、いわゆる「猫缶」や「レトルトパウチ」のことです。

水分含有量が75%前後と高いため、水分摂取の方法としても重宝するご飯となります。

ここではウェットフードの特徴について詳しく解説していきます。

ウェットフード特徴①|水分補給できる

前述している通り、ウェットフードには多くの水分が含まれており、食事を与えながら水分補給も可能です。

猫はふだん水をあまり飲みたがらないため、猫と相性がよければ積極的に与えてあげたいフードになります。

たけのこ
たけのこ
水分補給は猫の健やかな暮らしに必須です

ウェットフード特徴②|猫の食いつきがよい

ウェットフードは旨味が強めなため、猫の食いつきがよい傾向にあります。

猫の食欲が落ちたときの対策としても有用です。

小分けパウチや缶詰も多いため、フードの劣化で悩むことも少ないです

ウェットフード特徴③|開封後の保存性は高くない

開封したウェットフードの保存性はあまり高くありません。

水分含有量が多いことから細菌・カビなどが繁殖しやすく、常温だとすぐに傷んでしまいます。

開封後して余ったウェットフードは冷蔵庫で保存し、なるべく1日で使い切ることをオススメします。

保存する際は衛生面を考慮して、清潔な器に移しラップもかけて保存しましょう。

一方、開封前であればウェットフードは保存性が優れています。

缶詰やパウチ処理されているため、常温で数か月以上保存できます。

要するにウェットは開けたら即使い切るべし!ということです

ウェットフード特徴④|カロリー低め&価格も高め

ウェットフードはドライフードと比べて価格が高めです。

猫の食費を抑えたいという方にとっては痛いデメリットになります。

勘違いしている人
勘違いしている人
お店では1パック100円程度だよ?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに市販の小分けウェットフードは、100円前後でリーズナブルです。

ただし、ウェットフードは1日分の栄養量を満たすために複数の缶詰やパウチを与えなければなりません。

レトルトパウチなどパッケージ裏の給餌量目安を見ると、成猫で1日2~3パック必要だったりします。

ウェットフードだけの食事スタイルは、食費がすごいことになるんです

キャットフード選び方ポイント3選

ここまでキャットフードのドライとウェット、それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

正直「決められない」という方がほとんどではないでしょうか。

そんな方向けに、ここからはキャットフードの選び方で大切なポイント3選を解説します。

適切なフードタイプの選び方を紹介します!

選び方ポイント①|飼い猫の嗜好を把握する

キャットフードは猫飼い猫が好んでしっかり食べてくれるフードであることが大切です。

猫にとっても食事は重要で個体ごとに細かな嗜好性も異なります。

栄養、鮮度が優れているのは当然として、愛猫が好む味や匂いも意識しなければなりません。

フード形状すら猫の嗜好に影響する、という調査報告も!

その点でいえば匂いが強く本来の食性に近いウェットフードの方が、猫の食欲を刺激しやすいです。

ウェットの方が優れていて、ドライが劣っているという訳ではありません。

色々試して、愛猫が好んで食べるフードをリピートしてあげましょう。

選び方ポイント②|飼い主さんの負担

考え方の軸を飼い主さんにも合わせましょう。

・フードの保存管理がめんどう
・猫の食費が家計的にツラい
上記の場合、開封後の保存管理が重要・食費が高くなりやすいウェットフード不向きです。
飼い主さんの負担が大きいと、猫のお世話が雑になる恐れも…

どのフードであれば無理なく与え続けられるかも重要となります。

選び方ポイント③|ミックスフィーディングという選択肢

筆者「たけのこ」が最もオススメするのは「ミックスフィーディング」という選択肢

ドライとウェットのフードを組み合わせて猫に与える方法です。

費用面に優れたドライフードで栄養面をカバーし、ウェットフードで水分補給も行ういいとこ取りな与え方となります。

ミックスフィーディングを実施する際、飼い主さん・飼い猫どちらにも負担が大きくかからないのも強みです。

筆者「たけのこ」もミックスフィーディングしてます

ロイヤルカナン、ヒルズなど多くのフードメーカーがミックスフィーディングを取り入れていますが、中でもピュリナはイチ押しです。

・ミックスフィーディングのキャンペーンを開催。

・公式サイトにミックスフィーディング専用ページがある。

など、猫の飼い主初心者でもミックスフィーディングをはじめやすいです。

ミックスフィーディングを試したい!という方はピュリナのフードがオススメです!

キャットフードのドライ・ウェット まとめ

今回の記事の結論をまとめると以下になります。

・管理面・費用面を優先するならドライフード

・猫の水分補給・嗜好優先ならウェットフード

・両方のいいとこ取りがしたいならミックスフィーディング

フード選びに絶対の正解はありません!ぜひ今回の記事を参考に飼い猫ちゃんに合ったご飯を探してみてください!

下記にフードタイプを判断する診断ツールご用意しています。参考にご利用ください。

問1 : 飼い猫はドライとウェットどちらを食べる?
問2 : 猫の水分補給に対して心配な点はありますか?
問3 : フードの価格は安く済ませたいか?
問4 : フードの管理をめんどうに感じるか?
問5 : 飼い主さん自身は、この記事を読んでみてドライとウェット、どちらを与えたいと思ったか?

回答後、画面上部に戻る場合があります。

※回答データはブログなどに保存されることはございません。

※あくまで当ブログ基準の診断ツールです。必ず最適なフードタイプを診断するものではございません。

※診断は参考程度に受け止め、ご自身の判断と責任でフード選びを行ってください。

twitterでも、あなたと猫のお役に立ちます