キャットフードのNGな保存方法8選を徹底解説!間違いだらけな保管とは?

キャットフード保存方法

こんにちは!ペットフード・ペットマナー検定に合格している「たけのこ」です。

たけのこ
たけのこ
今回は「キャットフードの保存方法」について解説していきます!

キャットフードの保存はどうするのが正解なの?

猫にご飯を与えられている方の多くが、上記のような疑問に一度は直面するのではないでしょうか?

袋をしばって戸棚に仕舞っておけばいいか

そう思われている方は要注意です!

キャットフードは脂質を多く含み酸化・劣化しやすいため、正しい保存・保管方法を行う必要があります。
傷んだご飯を、かわいい愛猫に与えたくないですよね。
この記事では、猫歴20年以上でペット資格も持つ筆者「たけのこ」が正しいキャットフードの保存・保管方法を解説していきます。
最後まで読むことで、正しいキャットフードの保存・保管方法を知ることができます!

【保有資格・実績】
「猫飼育歴20年以上」「ペット看護師」「ペットセラピスト」「ペットフード/ペットマ ナー検定合格」 「WEBライター活動中」「管理栄養士」 「上級心理カウンセラー」「JADP認定メ ンタル心理カウンセラー®」
Twitt erはコチラ:
たけのこ@猫パシリな栄養士

スポンサーリンク

キャットフードの保存・保管|酸化対策は重要

キャットフード保存方法

キャットフードには、猫のエネルギー源として脂質が多く配合されています。

脂質には酸化しやすい性質があり、雑な保存方法ではすぐに品質が劣化してしまいます。

酸化したフードは、味やニオイが劣化し猫の食い付きが悪くなるだけでなく猫の身体に悪影響を及ぼしてしまう恐れもあります。

酸化は、リンゴを想像すると分かりやすいです。

茶色く変色して、おいしくなさそうですよね。

特にドライタイプのキャットフードの場合、見た目の変化がないため、劣化しているかどうか分かりません。

もしかしたら劣化したフードになっているかも…

猫に安全な食事を与えるためにも、キャットフードの保存・保管はしっかり行いましょう。

間違いだらけなキャットフードのNG保存・保管方法8選

キャットフード保存方法

ご家庭で当たり前のように行っているキャットフードの保存・保管を、誤った方法で行っているケースは多いです。

ここでは間違っているキャットフードの保存方法を解説します!

キャットフード間違い①|「未開封だから酸化しない」は勘違い

キャットフード保存方法

購入してからだいぶ経つけど、まだ開封していないから大丈夫!

そう思われている皆さんは要注意です。

実はキャットフードは開封していなくとも、袋内部の空気によって酸化が少しずつ進行しています。
そのため未開封のキャットフード(ドライ)賞味期限は1年くらいとされています

キャットフード間違い②|「キッチン下や窓際で保存」はNG

キャットフード保存方法

意外かもしれませんが、キャットフードの保存・保管場所に湿度が滞りやすいキッチン下は不向きです。

「高温多湿」・「直射日光が当たる」といった暖かい場所でキャットフードを保存していると、酸化の進行を早めます。

そのためキャットフードの劣化速度も早まり、長持ちしなくなります。

キャットフードの保管場所は台所下を避け、窓から離れたところを選びましょう。

キャットフード間違い③|「袋を止めただけ」はアウト

キャットフード保存方法

当然ですが「輪ゴム」や「袋止め」などで簡易的に縛っただけの保管・保存はアウトです。

縛った隙間から空気が侵入し、すぐに酸化が進行します。
保存がめんどうで、ついやっている方も多いのでは?

キャットフードの保存・保管には密閉容器も併せて使用しましょう。

キャットフード間違い④|「冷蔵庫」は逆効果

キャットフード保存方法

キャットフードの冷蔵庫保存はオススメできません。

冷蔵庫での保存は、扉の開閉によって結露が生じ、カピや細菌が繁殖してしまう恐れがあります。
意外かもしれませんが、キャットフードは「常温保存」が基本です。
ただし、「開封後」のウェットフードだけは例外で、短期間の冷蔵庫保存が推奨されています。

キャットフード間違い⑤|「冷凍保存」には限界がある

キャットフード保存方法

冷凍保存をすることで、ある程度キャットフードを長持ちさせること自体は可能です。

しかし、冷凍・解凍する際に風味は低下してしまうため品質劣化は避けられません。
特にウェットフードは劣化が激しいので避けましょう!

また、冷凍したからと言って、いつまでも保存できるわけではありません。

もって1ヶ月延長できる程度だと考えておく方が無難です。

キャットフード間違い⑥|「真空保存」は最適ではない

キャットフード保存方法

前述した冷凍よりも長期保存させやすいのが、「真空保存」です。

保存袋内の空気を抜いて真空状態にすることで、酸素の影響を少なくしキャットフードを長期保存できます。

ただし、「真空保存」をするには専用の機械が必要となり、真空保存用袋もそれなりの価格がします。
保存性は高めですが、かかる費用も高いです

正直、苦労して真空包装するより、こまめに新しいフードを購入した方が猫にも家計にも優しいです。

キャットフード間違い⑦|「酸化防止剤は不使用がいい」は嘘

キャットフード保存方法

キャットフードの添加物は危険、とネットで度々見かけます。

その中に「酸化防止剤も危険」という情報を見かけられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

残念ながら「酸化防止剤は不使用がいい」という情報は、営利目的や虚偽などが混ざった情報となります。

そもそも「酸化防止剤」は、その名の通り”酸化を防ぎ商品の劣化を防ぐ目的で添加する物質です。

酸化防止剤無添加ということは、酸化に対してフードが無防備な状態となります。

ゲームで例えるなら、防具なしでボスキャラに挑むようなものです

もちろん「着色料」など一部の添加物は猫にはいらない場合もありますが、すべての添加物が不要という訳ではありません。

キャットフード間違い⑧|「ジップロック」だけでは不十分

キャットフード保存方法

食材の保存方法に「ジップロック」を愛用されている方も多いのではないでしょうか?

簡単に保存できて便利な「ジップロック」ですが、実はこれだけではキャットフードの酸化を防ぎきれません。

「ジップロック」の主材料である「ポリエチレン」は、ある程度「酸素」が通過します。

そのため「ジップロック」で密閉していても、少しずつキャットフードは劣化してしまいます

1ヶ月程度なら、そこまで問題ないでしょうが、万全な酸化対策のためには「密閉容器」や「脱酸素剤」なども併用しましょう。

キャットフードを正しく長期保存・保管する7つのポイント

キャットフード保存方法

ここまで間違いだらけのキャットフード保存・保管方法を解説してきました。

それでは、どう保存したらいいのか?

ここからは上記の疑問を解消する「キャットフードを長期保存させる上で大切なポイント」を解説していきます。

ポイント①|キャットフードのドライ・ウェット別の保存方法

キャットフード保存方法

キャットフードには種類があることをご存じでしょうか?

大きな分類としてあるのが「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」です。

ドライウェット
価格安い高い
グラム当たりの栄養素高い低い
水分含有量低い高い
開封後の保存性/保存方法高い(約1ヶ月)/常温低い(約1日)/冷蔵庫
開封前の保存性/保存方法高い(約1年)/常温ドライより高い(約2~3年)/常温

大きな違いは水分含有量ですが、その他にも保存方法が異なります。

ドライフードは開封後も常温保存が基本となります。

対して”パウチ”や”缶詰”のウェットフードの場合は、開封後のみ冷蔵庫保存となります。

水分が多いウェットフードは開封すると保存性が大きく低下し、常温だと傷みやすいです。

キャットフード保存方法

開封後のウェットフードを保存するときは、お皿に出しラップした状態で冷蔵保存しましょう。

たけのこ
たけのこ
冷蔵保存でも長持ちしないので、遅くとも1日以内には使い切りましょう

ポイント②|酸化防止剤が含まれたキャットフード

キャットフード保存方法

前述したとおり、「酸化防止剤」はキャットフードの酸化を防ぐ大切な添加物です。

気になるフードがあったら、商品の原材料をチラ見して下記成分が含まれているか確認しましょう。

・ミックストコフェロール(ビタミンE)

・ローズマリー抽出物

・アスコルビン酸(ビタミンC)

ちなみに「BHA」「BHT」という物質も酸化防止剤です。

一時期危険性が疑われましたが、調査で猫に対して問題ないとされ、ペットフード安全法でも使用量が規定されています。

ポイント③|キャットフードは大袋より小分け袋タイプ

キャットフード保存方法

キャットフードを購入する際は、大袋より小分け分包された商品を選択することもポイントです。

キャットフードは開封1か月以内に使い切るのが好ましいですが、大袋だとなかなか消費できません。
使っている間に酸化も進行してしまうため、猫のご飯がどんどん劣化し食べなくなってしまうこともあります。

小分けで分包されているタイプであれば、こまめに封を開けるためキャットフードの劣化を抑えることができます。

たけのこ
たけのこ
筆者「たけのこ」は、「ピュリナ」の2.2kg分包タイプを購入し愛用しています。

だいたい550g程度のキャットフードが、4袋に小分け包装されているので便利です。

ポイント④|日が当たらず湿度が低い場所で保存

キャットフード保存方法

開封・未開封問わずキャットフードは「直射日光が当たらず湿度が低い場所」で保存・保管しましょう。

具体的に言うと「窓から離れていて高い場所」になります。
たけのこ
たけのこ
筆者「たけのこ」はキッチンの吊り戸棚を活用しています

猫の盗み食いも同時に防げるので、重宝しています。

ポイント⑤|密閉容器などを使用する

キャットフード保存容器

キャットフードの酸化を防ぐには密閉容器を利用することも有効です。

密閉容器は、ニトリや無印良品の品質が高めなものから、100均など性能が低めな反面リーズナブルな物まで様々です。

たけのこ
たけのこ
ご家庭に合った密閉容器を活用しましょう!

ポイント⑥|キャットフードを小分け保存する方法

キャットフード保存方法

キャットフードを密閉容器に保存する際は併せて「小分け保存」のポイントも抑えておくとより効果的です。

具体的には「密閉袋」にキャットフードを詰め、さらに密閉容器に仕舞うだけです。

密閉袋は「ジップロック」などで大丈夫です。

上記で「ジップロック」単体では酸化を完全に防げないと解説しましたが、密閉容器と組み合わせることで、より空気との接触を防ぐことができます。

密閉容器の中に「珪藻土パウダー」を一緒に入れておくと「脱臭・防湿対策」となるので、より保存性を高めることができます。

たけのこ
たけのこ
珪藻土とは何か?については下記記事を参考にしてください

ポイント⑦|キャットフードを夏に保存する方法

キャットフード保存方法

6月から9月前後の夏の時期は気温・湿度が高まりやすく、キャットフードも劣化しやすいです。

とはいえ、できる対策は限られているので上記で解説した対策をすべて実行することが重要です。

ただし、キャットフードは1~2週間で使い切れる量だけ購入することを推奨します。

こまめに買い足しましょう!

キャットフードの保存・保管方法まとめ

キャットフード保存方法

今回の内容をまとめると以下になります。

・キャットフードは厳重に保存しないと酸化しやすい
・酸化したフードは猫にとっても悪影響
・キャットフードによって保存方法は異なる

キャットフードの保存は手を抜きがちですが、実は気を付けないとすぐに品質が劣化してしまいます。

酸化が進行してしまったフードは猫にとっておいしくないだけでなく、身体にも悪影響を与える恐れがあります。

この機会にぜひ、ご自宅のキャットフードの保存方法を見直してください

猫がご飯を食べなくない場合は、下記の記事も参考にしてください。

猫が餌を少ししか食べないとき試すべき10の工夫|実体験も交え解説
関連記事

こんにちは!猫の食欲不振と付き合ってきた「たけのこ」です。[word_balloon id="4" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" a[…]

キャットフード保存方法
twitterでも、あなたと猫のお役に立ちます