猫の飼い方を学べる本おすすめ5冊!ネット情報だけは危険な理由とは

こんにちは!猫と暮らして20年の「たけのこ」です。

たけのこ
たけのこ
この記事では猫の飼い方おすすめ本について解説します

みなさんは猫に関する情報をどこで仕入れていますか?

大多数の方は「インターネット」で知りたいことを検索して目的の情報を仕入れていますね。

スマホだけで知りたいことを無料ですぐに調べられるネットは本当に便利です。

しかし、猫の飼い方をネット情報だけに依存してしまうと、誤った飼い方につながるリスクが高くなります。
たけのこ
たけのこ
猫ブログを発信している「たけのこ」がいうのも変な話ですが…

この記事の結論を先にお伝えします。

猫の飼い方はネットだけでなく「本」でも学ぶことが大切です。
猫に関するおすすめな本を知りたい
猫の飼い方をネットだけで学んでいる

そんな方向けに、20年以上猫に関する本を読んできた筆者「たけのこ」が実際に読んでオススメ!だと感じた本5冊を紹介します。

たけのこ
たけのこ
この記事を読み終わる頃には、ご自身に合った有益な一冊が見つかっています

早く自分に合った本を知りたい!という方のために、診断ツールも用意したのでご活用ください。

本で何を知りたい?
知りたいことは基本的な猫の飼い方についてですか?
①おすすめの猫の飼い方の本が分かる
②ネットだけでなく本からも飼い方を学ぶ必要性がわかる
③猫の飼育本を電子書籍で読むメリットが分かる

【保有資格・実績】
「猫飼育歴20年以上」「ペット看護師」「ペットセラピスト」「ペットフード/ペットマ ナー検定合格」 「WEBライター活動中」「管理栄養士」 「上級心理カウンセラー」「JADP認定メ ンタル心理カウンセラー®」「SEO検定1級」
Twitt erはコチラ:
たけのこ@猫主夫

\猫の飼育本も多数!/

猫の飼い方を学べる本おすすめ5冊

猫の飼い方本おすすめ

「猫の飼い方に関する本」は多く出回っており、その中から自力で自分に合った一冊を見つけ出すのは至難の業です。

ここでは猫歴20年&猫の飼育本をたくさん読んできた筆者「たけのこ」が厳選した猫の飼い方本おすすめ5冊を紹介します。

たけのこ
たけのこ
実際に読んで、特にいい本だと思ったものだけを紹介します

※記載されている販売価格は2022年6月時点のものとなり、変化する可能性があります。

おすすめ本①|家ねこ大全285

発売日2020年9月2日
著者藤井康一
出版社KADOKAWA
通常価格
(紙書籍)
税込1,650円
楽天
(紙書籍)
約1,650円(税込)

楽天で見る

AmazonKindle
(電子書籍)
約1,485円(税込)
AmazonKindleで見る
Amazon
(紙書籍)
約1,650円(税込)

Amazonで見る

目次
✔1章:もっと知りたい猫の気持ち
✔2章:食・水・トイレはもっとも大事
✔3章:かわいすぎて気になる猫の生態
✔4章:猫と一緒に暮らしてみたい
✔5章:猫だってストレスなく暮らしたい
✔6章:不調のサインを見逃さない
✔7章:2大現代病、肥満&うつ
✔8章:猫社会にも高齢化がやってきた
✔9章:猫のクオリティ・オブ・ライフとは
オススメ度
この本が向いている人:
・猫について気になることや悩んでいることがある方
・読みやすさ重視の方

猫と一緒に過ごしていると

どうしたらいいんだろう?

と悩んでしまうことが度々あります。

こちらは、そんな猫を飼っていて思う疑問を解消したい方におすすめです。

・猫の健康で大切なこと
・猫との暮らし方のポイント

などを獣医師目線の解説付きで知ることができます。

イラスト付きのため読みやすさもバッチリです。

たけのこ
たけのこ
項目も基本的に1ページでまとめられているため、とても読みやすい1冊です

おすすめ本②獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書

発売日2021年03月11日
著者獣医にゃんとす
出版社二見書房
通常価格
(紙書籍)
税込1,650円
楽天市場
(紙書籍)
約1,650円(税込)

楽天で見る

AmazonKindle
(電子書籍)
約1,386円(税込)

AmazonKindleで見る

Amazon
(紙書籍)
約1,650円(税込)

Amazonで見る

目次
✔1章:ごはんの心得
✔2章:健康長生きの心得
✔3章:環境づくりの心得
✔4章:最新研究と猫の雑学
✔5章:猫をもっともっと幸せにするQ&A集
オススメ度
この本が向いている人:
・猫の暮らしと体調管理について知りたい方
・ある程度、活字に強い方

こちらは猫の暮らしと体調管理を学びたい方におすすめの本です。

こちらも獣医師の方が書かれた本となり「猫との暮らしの中での注意点や大切なこと」などを学ぶことができます。

暮らしや体調管理に関すること以外にも

そうだったの!?

と思う内容も多々あり勉強となる良本です。

文章に体験談も織り込まれているため、実際にどう行動するのかイメージしやすいです。

飼い主さんの思い込みが、実は猫にとって好ましくないこともあります。

取り返しがつかない間違いを起こさないよう、しっかり読んでおくべき一冊です。

ただし、若干文章が多い箇所もあるため「文章長いのは苦手!」な方は、読み慣れるまで少し苦労するかもしれません。
読書が苦手な方は、後述する電子書籍のサイトで「試し読み」ができるので「自分が読めそうか」確認してから購入してみてはいかがでしょうか。

おすすめ本③ネコの気持ちと飼い方がわかる本

発売日2018年03月14日
著者PetClinicアニホス
出版社主婦の友社
通常価格
(紙書籍)
税込1,320円
楽天市場
(紙書籍)
約1,320円(税込)

楽天で見る

AmazonKindle
(電子書籍)
\Kindle unlimitedで無料!/

Amazon
(紙書籍)
約1,320円(税込)

Amazonで見る

目次
✔1章:猫の特徴・種類・成長&選び方のポイント
✔2章:いっしょに暮らす準備&最初のころの過ごし方
✔3章:猫とのじょうずなコミュニケーション
✔4章:猫の行動・しぐさから気持ちを知る
✔5章:日常のお手入れ
✔6章:猫の健康をつくる食事
✔7章:猫の健康管理&気をつけたい病気
✔8章:猫の困った行動の予防と対処法
オススメ度
この本が向いている人:
・猫初心者の方
・猫に関する基礎知識を学びたい方

この本は猫を飼うのに必要な基本中の基本を学ぶのに最適です。

たけのこ
たけのこ
猫の特徴や基本的な飼い方について写真やイラスト付きで解説されております
・猫の食事の与え方
・トイレのしつけ方
・留守番させるときのポイント

など、ありとあらゆる場面の猫に関する基礎知識が詳しく解説されております。

数年前の本ですが、内容に問題はなく猫初心者の方がまず初めに読まれる本としてピッタリな一冊です。

微妙な点として、基礎的な内容がメインなので最新情報を知りたい方には不向きです。
とはいえ「基礎」があってこそ、その先があります!
猫初心者には必要な場面が多い一冊となります。

おすすめ本④ねこほん 猫のほんねがわかる本

発売日2019年04月22日
著者今泉忠明
出版社西東社
通常価格
(紙書籍)
税込1,210円
楽天市場
(紙書籍)
約1,210円(税込)

楽天で見る

AmazonKindle
(電子書籍)
約1,138円(税込)

AmazonKindleで見る

Amazon
(紙書籍)
約1,210円(税込)

Amazonで見る

目次
✔1章:猫には猫のりゆうがある
✔2章:かわいいのは生まれつき
✔3章:猫どうしはちょっとフクザツ
✔4章:嫌がらせしたいわけじゃない
✔5章:猫ってだけでひとくくりにしないで

オススメ度
この本が向いている人:
・マンガで学びたい方
・猫の行動の意味を知りたい方

この本は「猫がする行動の意味」に特化した本となります。

かわいくて分かりやすいマンガと一緒に猫の行動について解説されています。
「この行動はそういう意味なの!」という驚きを読者に与えてくれます。
「活字が続くと、読むのが辛い」という方にとってはベストな一冊となります。
たけのこ
たけのこ
フルカラーで重要な文が色付けされているのも嬉しいポイントです

おすすめ本⑤猫が食べると危ない食品・植物・家の中の物図鑑

発売日2021年03月12日
著者服部 幸, 霜田 有沙
出版社ねこねっこ
通常価格
(紙書籍)
税込2,222円
楽天市場
(紙書籍)
約2,222円(税込)

楽天で見る

AmazonKindle
(電子書籍)
約2,021円(税込)

AmazonKindleで見る

Amazon
(紙書籍)
約2,222円(税込)

Amazonで見る

目次
✔序章:猫の誤食と中毒
✔1章:猫が食べると危ない食品
✔2章:猫が食べると危ない植物
✔3章:猫が食べると危ない家の中の物 誤食編
✔4章:猫が食べると危ない家の中の物 中毒編
オススメ度
この本が向いている人:
・猫の飼い主ならば必須級
・飼い猫が誤飲を繰り返すご家庭
個人的な意見ですが、この本は猫を飼われている方にとって必須級の本といえます。
「本のタイトルが長い」、「価格が少し高め」なのが微妙な点ではありますが猫にとって食べたら危険な物についてまとめられた数少ない本となります。
実は普段、猫と暮らしている室内の中にも危険な物が多いです。
観葉植物が危険なことも!
・事前に猫が誤飲しそうな危険物の取扱いに注意を払える知識
・万が一誤飲してしまった場合「どう対応すればいいか判断する指標」
上記を得ることができ、本としても写真やイラストがある、行間が広めで活字も多くないため読みやすい印象です。
ダラダラ解説せず簡潔に要点をまとめてくれているのでペラペラ読めるのも魅力です。
猫の飼育本の中でも一回りお値段が高いですが、それだけの価値がある一冊です。
たけのこ
たけのこ
電子書籍のAmazonKindleだと安く手に入ります

猫の飼い方を本でも知った方がいい3つの理由

猫の飼い方本おすすめ

ここまで、おすすめの本を紹介してきました。

インターネットが普及しており、欲しい情報がすぐに手に入る現在社会なのにも関わらず

どうしてネットの情報以外に本も読んだ方がいいのか?

その理由とネット情報に依存する危険性について詳しく解説していきます。

理由① ネットの情報は営利目的が優先されることがある

猫の飼い方本おすすめ

猫に限りませんがネット上の情報は時に「いい商品」よりも「広告料が高い商品」が優先して紹介されることもあります。

特に多く見られるのがキャットフードのランキングサイトです。

・広告報酬額が高いキャットフードが優先されやすい
・良質なキャットフードが紹介されない
・市販フードに対して過剰に不安を煽る表現がある

上記のような傾向が多くみられます。

広告されている商品が悪いわけでは決してなく、良品もたくさんありますが、飼い猫にとっての最適解になるとは限りません

理由② ネットの情報には誤情報があることも

猫の飼い方本おすすめ

・何年も昔の情報が残っている

・誤った解釈が加わった情報を、さらに別の人が解釈を加えて掲載

ネットには上記のような精度に欠ける情報があふれており、どれが正解なのか分からないことも多々あります。

本の場合は、発行・改訂にあたり参考文献など根拠に基づいて書かれていることがほとんどです。

作者としても自身の名前を公表するので、念入りに情報を精査し最新の根拠に従って執筆されます。

理由③ ネットは知ろうと思った情報しか知ることができない

猫の飼い方本おすすめ

たしかにインターネットは、ありとあらゆる情報を手に入れることができます。

しかし、逆を言えば

知ろうと思った情報しか手に入らず、その他の情報は手に入りにくいです。

それに対し本の場合は食事の与え方だけでなく、季節ごとの注意点や脱走など緊急時の対応なども記載されています。

目的の情報以外も仕入れることができ、知識が深まりやすいのが本の強みです。
たけのこ
たけのこ
例えるならネットは「情報のバラ売り」、本は「情報のセット売り」みたいなイメージです

猫の飼育本は電子書籍もオススメ

猫の飼い方本おすすめ

最後に猫の飼い方の本は「電子書籍」もオススメします。

普通の紙書籍ではダメ。というわけではありません。

ただ、電子書籍にはスマホやタブレットで手軽に読める強みがあります。

紙書籍は荷物になりやすい上「汚れ・破損」や「どこに仕舞ったか分からなくなる」などのトラブルも起こり得ます。

特に猫の場合、急に「体調不良」や「問題行為」を起こすため情報を知りたい時に肝心の本が見つからないと困ってしまいます。

その点、電子書籍はスマホで読めるため、そうそう紛失しません。

紙書籍に劣る点は「紙の温もりがない」、「転売できない」ことくらいです。

電子書籍サービスは、アマゾンKindleや楽天Koboなどが有名で使い勝手がいいです。

筆者「たけのこ」はアマゾンKindle派です

猫の飼い方を学べる本 まとめ

猫の飼い方本おすすめ

今回の記事の内容をまとめると以下になります。

 【こんな方にはこちらがおすすめ】
① 猫を飼っていて「なんで?」や「どうなんだろう?」が多い方
⇒【家ねこ大全285】

② 猫との暮らしや体調管理に知りたい方
⇒【獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書】

③ 猫初心者で基本的な飼い方が分からない方
⇒【ネコの気持ちと飼い方がわかる本】

④ 猫の行動の意味を知りたい方
⇒【ねこほん 猫のほんねがわかる本】

⑤ 猫の誤飲対策をしておきたい方
⇒【猫が食べると危ない食品・植物・家の中の物図鑑】

ネットの情報には勿論、正しい情報もありますが

・エビデンス(根拠)

・情報の発信者

など分からないことも多々あります。

そのため、どんなに便利でもネットだけに依存し過ぎないことが大切です。

本以外にも

・かかりつけの動物病院や獣医師
・猫の専門家
・市役所などの行政

などの情報も有益ですので、そちらからも情報を仕入れることをオススメです。

たけのこ
たけのこ
いまはSNSで簡単に専門家と繋がれます

みなさんも色んな媒体から情報を仕入れて、少しでも快適な猫暮らしを過ごしてみてはいかがでしょうか?

\猫の飼育本も多数!/

twitterでも、あなたと猫のお役に立ちます