MENU
記事に登場する猫トモくん
筆者の飼い猫&編集長
運営者の飼い猫であり当サイトの編集長。保護猫出身。黒猫のオス。猫専門配信アプリnekochan公式ライバー。YouTubeも配信中

猫を飼うんじゃなかったと感じる理由9選!飼育を後悔しないために大事なこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
猫飼うんじゃなかった
猫を飼うんじゃなかったと感じる理由は

【結論】

猫の飼育における家計やお世話の負担の他に抜け毛や臭いなどが原因で飼うんじゃなかったと感じる方は多いです。他にも猫が言うことを聞かない、問題行動を繰り返すなども理由として挙げられます。

悲しいことではありますが、猫という魅力あふれる動物を迎え入れたことを後悔される飼い主さんは少なからずいらっしゃいます。中には「猫を飼うんじゃなかった」という言葉を口にしてしまう人もいます。

今回はどうして猫を飼うんじゃなかったと感じてしまうのかについて、猫歴20年以上の筆者たけのこが解説します。

たけのこ

筆者の経験談をベースに解説します

犬猫専用の悩み相談サービス

DOQAT

  • 無料で登録&利用可能!
  • いろんな飼い主さんの体験談・工夫が知れる
  • 検索では見つからなかった答えがあることも!

\完全無料で利用可能!/

執筆者情報
#たけのこ

猫ブロガー
たけのこ(Takenoko)

プロフィール
(タップで詳細を表示)

猫と暮らして20年以上。猫ニュースメディアのライターとして活動。いままで500本以上の猫に関する記事を執筆!猫たちの幸せに繋がればという想いで当サイトを運営しています。ペットフード/ペットマナー検定合格。飼い猫を主役とした絵本も出版。

登場する猫

猫YouTuber・ライバー
黒猫トモくん(Tomo)

プロフィール詳細
(タップで詳細を表示)

運営者の飼い猫であり当サイトの編集長。保護猫出身。黒猫。甘えん坊な男の子。猫専門配信アプリnekochan公式ライバー。YouTubeも配信中!

スポンサーリンク

目次

猫を飼うんじゃなかったと後悔する理由

猫をお迎えした飼い主さんの中には様々な理由で、飼うんじゃなかったと後悔してしまう人がいます。いったいどうして、飼うんじゃなかったと悲しいことを思う羽目になってしまったのか?代表的な理由を紹介します。

今回は、猫を飼うんじゃなかったと感じる理由として多いものを筆者の経験ベースで紹介します。詳細は家庭によって異なります。

①お金の問題

お金の負担

まず挙げられるのが、お金の問題。猫の飼育には、どうしてもお金がかかります。R&C株式会社が猫の飼い主3000人を対象に実施した R&Cマガジン「猫の一生にかかるお金はいくら?食費や医療費など生涯の飼育費用を3000人調査」によると、猫の一生にかかる費用目安は約264万円。決して安い金額ではありません。

月々に発生する猫の食費やトイレの砂代などもバカにできず、じわじわ家計に負担をかけます。病気にでもなったら、医療費もそれなりの金額が必要となります。

こうした猫にかかるお金の負担が大きくなることで、猫を飼うんじゃなかったと後悔される方は少なくありません。

猫は可愛いという理由だけで飼ってはいけない。ときどき耳にするセリフですが、まさにその通り。経済的にある程度余裕がない限り、猫は飼うべきではありません。

②お世話の負担

お世話の負担

猫のお世話は意外と大変。毎日猫のご飯を用意し、飲み水を交換し、トイレを掃除したりと、行うことはたくさんあります。お世話をサボってしまうと猫の健康に悪影響が出てしまうため、サボるにサボれません。

現在は誰しもが忙しい時代。猫のお世話以外にもやるべきことが多々あります。飼い主の責務であるとは分かっていても、家事や仕事、育児に忙殺され心に余裕がなくなり次第にお世話がしんどくなる方も少なからずいるようです。

③猫が言うことを聞かない

猫の問題行動

飼っている猫が言うこと聞かず問題ばかり起こしている。目を離したらイタズラする。そんな予想外のトラブルも猫の飼育を後悔しやすいところです。そもそも猫は社会性が低い動物。野生の頃は、単独行動を好むことが多かったため犬のように飼い主との主従関係がありません。人間の都合のいいように、しつけることは困難です。

猫によってはウールサッキングや粗相、誤飲・誤食、飼い主への甘噛みなど様々な問題行動を繰り返し行う個体もいます。いずれも頻発し続けることで、次第に飼い主さんが摩耗してしまいます。

④臭いが気になる

猫の臭い

猫を飼う上で避けて通れないのが、臭い問題。特にトイレの臭いは飼い主さんにとっても死活問題です。お部屋が広いお家ならまだしも、狭い場合は猫トイレを飼い主さんの生活圏に置かざるえません。そうなると四六時中、猫のトイレ臭に悩まされ続け、食事や来客時も苦労します。

⑤抜け毛の量が多い

猫の抜け毛

猫を飼い始めた多くの人が、すぐに実感する問題が抜け毛です。品種や個体差にもよりますが、けっこう抜けて床や服、ソファーなどいたるところに飛散します。そのため、猫を飼うと毎日の床掃除が欠かせなくなります。

神経質な方だと舞い散った抜け毛にイライラしてしまうことも少なくないはずです。

⑥壁や家具で爪とぎされる

爪とぎ問題

猫を飼っていると大事な家具やソファ、家の壁・柱で爪とぎをしてしまうことがあります。猫にとって爪とぎは本能的な行動。ストレス発散にも繋がる大事な習性です。とはいえ、飼い主さんにとって大事な家具や柱に爪とぎされるのは悩みもの。

賃貸住宅の方は、壁や柱で爪とぎされると壁紙がボロボロになって退室時に怒られないか不安になります。

⑦旅行に行きづらくなる

旅行に行きにくい

猫を飼っていると長期不在や旅行が難しくなる。とよく聞きます。実際その通りで、留守中に猫がひとりで過ごせるか?さみしがっていないか?が気になってしまいます。猫は万全の準備を整えれば1日程度は、ひとりで留守番できることが多いです。

ただ、2~3日となると、安全面・衛生面で大きな懸念が生じます。犬なら一緒に出掛けやすいですが、猫の場合はお家から連れ出すだけで怖がって大暴れしてしまいお出かけどころではなくなります。

そのため、長期で出かけるとなると猫はお留守番でペットシッターやホテル、知人などに依頼する必要が出てきます。

⑧猫が重い病気にかかる

猫の病気

猫が重い病気になってしまったとき、ツラそうにしながら弱っていく猫の姿に耐えられず飼うんじゃなかったと感じるケースもあるでしょう。

筆者も先代猫が慢性腎臓病を患い少しずつ弱っていく姿を見ていてツラい思いをした経験があります。飼わなければよかったとまでは思いませんでしたが、そう思ってしまう方がいてもおかしくないくらい大変です。

⑨猫が虹の橋へと旅立つ

猫との別れ

病気と同じく、猫が天寿を全うし虹の橋へと旅立ってしまうことも飼わなければよかったと思う理由です。人であれ猫であれ大事な存在がいなくなってしまうのは悲しいこと。人によってはペットロス状態に陥ります。

こんなに悲しくてツラい思いをするくらいなら、最初から猫を飼わなければよかった。そう考えてしまう人も少なくありません。

たけのこ

これは実際、猫を看取ったことがないと分からない感覚かもしれません

今回紹介した以外にX(旧Twitter)を覗けば、また違った理由を確認できます。それと同時に「猫を飼うんじゃなかったと思った時期もあったけど、うまく乗り越えられた!」という声も見受けられます。気になる方は、そちらもチェックしてください。

猫を飼うことに疲れないためには

上記で紹介したように猫の飼育は決して楽なものではありません。苦労することも多く、疲れた・ノイローゼになったという方も見受けられます。ただ、そうした問題はちょっとした工夫や考え方を少し変えるだけで大幅に軽減されることもあります。

ここでは、筆者の経験を基に猫の飼育を後悔しないために自然と変えていったことを紹介します。

猫にかかるお金は安く抑えることもできる

黒猫

上記で紹介した調査では、猫にかかる費用目安は約264万円です。ただ、この数値はあくまで平均値。猫のためにお金をかけまくる人もいる一方で、適度に抑えている方もいます。

たとえば、猫の身の回りの物を用意するとき必ずしも猫用品で揃える必要はありません。

  • キャットタワー
    :家具やタンス、本棚を隣り合わせに並べることで代用可能
  • 猫トイレ
    :広めのケースに猫砂を敷き詰めて代用可能
  • 猫用おもちゃ
    :長めのリボンなど身の回りの物でも代用可能(ただし、誤飲などに注意)
  • 猫用食器
    :人間が使用している食器と分ける必要はあるが猫用品である必要はない(未使用の食器などで代用可)
  • 爪切り
    :必ずしも猫用爪切りでないといけない訳ではない

上記のように家庭にある物や安く購入できるものでも猫に必要な物は代用可能です。もちろん全てが代用可能という訳ではなく、爪とぎ板や猫砂、ご飯などは猫専用でなければありません。ただ、中にはお金をかけずに用意できるものがあることを知っておきましょう。

キャットフードも必ずしも高い物がいいとは限りません。総合栄養食の中から選べば猫に与えるべき栄養を一通り与えられます。あとは、予算や価値観でフードを選びましょう。

適度に手を抜くことを覚える

黒猫

適度に手を抜くことを覚えることも、猫と快適に暮らすための工夫です。これは猫のお世話を怠るという訳ではありません。食事の用意やトイレの清掃など、猫のお世話は飼い主さんがしっかり行わなければならないことです。

その一方で猫の飼育は何かとやることが多く、頑張りすぎると飼い主さんの方がパンクしてしまいます。そこでオススメなのが、便利な家電やサービスを導入し負担を導入すること。

  • 自動給餌器
    :タイマー・給餌量を設定することで定刻に決まったフード量を用意
  • 自動猫トイレ
    :猫がトイレを使ったら自動で排泄物を回収
  • ルンバ・空気清浄機
    :床や空間に飛散した猫の抜け毛を回収
  • キャットフードの定期便
    :Amazonやキャットフード公式通販を申し込むことで買い物の負担が減る

代表的なものとして上記が挙げられます。当然、導入するのにお金はかかりますがその分、飼い主さんの負担は大きく軽減されます。

特に自動給餌器を導入するとフードを用意する手間が省ける他、朝早くにご飯のおねだりで叩き起こされることもなくなります。猫との暮らしの質が大幅に向上するため、前向きに検討すべきアイテムです。

たけのこ

あるとないでは飼育の負担が段違いです!

おすすめ家電を紹介!

爪とぎは仕方ないと割り切る

壁や柱に爪とぎをしてしまい困ってしまう飼い主さんも多いはず。猫にとって爪とぎは必要な習性。行わずにはいられません。無理に妨害すると、大きなストレスとなることでしょう。そのため、ある程度、家の中を爪とぎされてしまうのは仕方ないと割り切った方がいいです。

とはいえ、壁や柱、家具にソファーなど猫に爪を立てられては困る場所もあるでしょう。そんなときは爪とぎ防止シートを貼ったり、壁の前に爪とぎ板を設置することである程度被害を防ぐことができます。

猫の爪とぎ対策についてはこちらをご覧ください。

猫の抜け毛やトイレの臭いに慣れる人も多い

黒猫

飼い主さんに多いのが、猫と暮らしているうちに抜け毛やトイレの臭いに慣れてしまう方。猫の抜け毛が服やカバン、ベッドに付いていても多少なら仕方ないかと割り切ったり、猫トイレの臭いが漂ってきても「あ~くさい」だけで済ませてしまう方もいます。

もちろん、慣れには個人差があります。ただ、もし慣れることができれば、猫と暮らす負担が大幅に軽減されることでしょう。

たけのこ

だからといって、お掃除しないのはNGですよ

猫はあまり臭くない

黒猫

勘違いされる方も多いですが、猫自体はそもそも臭いがあまりしません。

猫は元々、気配を消し獲物に忍び寄って狩りをしてきた動物。自分の体から臭いがすると獲物に感づかれ逃げられてしまいます。そうならないために、猫の体は臭いが生じにくく、念入りにお手入れする習性があります。

詳しく言うと、臭いの原因となる汗が肉球裏もしくは鼻先にしか発生しません。また、こまめに自分で毛づくろいし臭いの原因物質を取り除いています。

猫が臭いと言われる一番の原因はトイレの状態が悪いこと。定期的にトイレを掃除していれば慢性的な臭いは緩和されます。

注意事項

逆に猫の体が臭いと感じるときは危険なサインです。

  • 皮膚炎
  • 怪我の化膿
  • 肛門嚢の炎症
  • 歯周病

上記のリスクが懸念されます。

頼れる味方を見つけておく

黒猫

猫を飼うとき、自分のまわりに頼れる味方を見つけておくことも有意義です。

  • 家族
  • 友人・知人
  • 獣医師・動物病院

交流の深さ・関係性は問わず、猫に関する相談にのってくれる存在が身近にいるだけで飼育のプレッシャーやストレスはだいぶ和らぎます。急なトラブルで猫のお世話をお願いしたいときにも相談できます。

特に専門的なアドバイスをしてくれる獣医師・動物病院は頼りになる味方となりやすいです。かかりつけ病院を見つけておくことをオススメします。

その他にも、DOQATのようにペットの飼い主が悩みを共有しているサービスを活用するのも有効です。飼い主さんたちが抱える悩みとアドバイスが共有されています。

自分が抱えている猫の悩みと同じものを他の人も抱えていて、相談しているかもしれません。

たけのこ

無料で登録できるので積極的に活用しましょう!

猫と暮らすことで得た幸せを考えてみる

黒猫

猫を飼うんじゃなかったと後悔しそうになっている方は、猫と一緒に暮らし始めたことで得た幸せを考えてみてください。できれば紙に書き出して言葉にするのがオススメです。

  • 猫をお迎えしたことで家庭の雰囲気が明るくなった
  • 自分の心が穏やかになり優しくなった
  • 猫が可愛くて癒された

なんでも良いので猫が来てくれて僅かでも良かったと感じたことを書き出しましょう。猫を飼うべきではなかったかを考えるのは、その後でも遅くないはずです。

たけのこ

個人的には1個でも幸せな変化があるのはとても素敵なことだと思います

そもそも猫を飼ってはいけない人

  • 言うことを聞かない存在が嫌い
  • 猫が飼える環境・経済状況ではない
  • 猫を飼うデメリットを受け入れられない
  • 猫について学ぶつもりがない
  • 猫を動くぬいぐるみだと思っている
  • 命を飼う責任を理解できない
  • 猫が天寿を全うするまでお世話をする覚悟と準備がない

そもそも、猫を飼ってはいけない人は上記のような特徴を有している方です。これらの条件に当てはまる人は、猫だけでなく他ペットを飼うのも難しいでしょう。猫も人間と同じく命ある生き物。飼うということは、その天寿を全うさせる責任を背負うことです。

責任が重い・イマイチ覚悟が持てないという方は、猫の飼育をいったん見送られることをオススメします。

飼い猫を捨てるのは犯罪

黒猫

飼っている猫をはじめ愛護動物を不法に遺棄することは、動物の愛護及び管理に関する法律に違反します。

愛護動物を遺棄した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

e-GOV法令検索 動物の愛護及び管理に関する法律

上記のように罪を問われ厳しい罰則が科せられます。猫をはじめ動物は迎え入れた瞬間に、立派な家族の一員です。猫だからと軽視せず、何が合っても最後の最後まで飼い主としての責任を全うしましょう。

どうしても飼うのが困難になったときは、行政が運営している動物愛護相談センターや保健所などに相談してみましょう。手放すことは最終手段として他にできることはないか色々提案してくれます。

猫を飼うんじゃなかったと後悔する前に

猫を飼うんじゃなかったと後悔する前に、必ず自分は迎え入れる猫に対して責任を持てるのかよく考えましょう。飼い始めてからツラく感じてしまったときも、本当に苦しいことだけなのか?猫がいることで幸せになったことはないか?を振り返ってみることが後悔しないために大事なポイントです。

万が一、どうしても猫を飼うのがしんどくなり一緒に暮らすのが困難になっても無責任に捨てることは法律で許されていません。軽率な行動に出る前に、動物愛護センターや保健所にできることはないか相談しましょう。

猫飼うんじゃなかった

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた猫

猫歴20年の「たけのこ」と申します!黒猫と一緒に生活中。好きな食べ物は「きのこの山」。【猫と飼い主の暮らしを‘‘ストレスフリー‘‘に!】そんな想いでブログ運営してます。ライター依頼受付中。【保有資格:ペット看護師/ペットセラピスト/ペットフード・マナー検定合格/管理栄養士/「上級心理カウンセラー」「JADP認定メンタル心理カウンセラー®」他】

目次