ニャンフェス16(2022)を振り返り!出展作品と感想も一部紹介

こんにちは!ニャンフェス常連客の「たけのこ」です。

たけのこ

この記事では「ニャンフェス16」について解説します

2022年10月23日「ニャンフェス16」(2022)が東京・浅草にて開催されました。

  • ニャンフェス16に参加できなかった!
  • 今回のニャンフェスをおさらいしたい!
  • 今後開催のニャンフェスをリサーチしたい!

この記事では上記の方にニャンフェス16に筆者「たけのこ」の嫁が参加したときの感想を紹介します。

実際に筆者たけのこの「嫁」が商品を購入させていただき掲載許可をいただいた作品も紹介しますので、今後のニャンフェス参加の参考にしてください。

たけのこ

今回、筆者「たけのこ」は行けなかったので代わりにお嫁さんが参加してきました

次回ニャンフェス17は、2023年4月23日(日)開催予定です。

この記事で得られる事
  • ニャンフェス感想・会場の様子
  • ニャンフェス購入作品紹介
  • ニャンフェス過去作品紹介
  • ニャンフェスのアクセス
ライターたけのこ
黒猫トモ@猫主夫

スポンサーリンク

目次

ニャンフェス16(2022)とは

ニャンフェス

「ニャンフェス」とは猫好きのための雑貨・ハンドメイド作品販売イベントです。

猫をモチーフにした雑貨、個性的な猫用品など主に猫に関わる物が出展されます。

  • 自分が作った猫グッズを販売できる
  • 猫好きな方と知り合え
  • ここでしか手に入らない猫雑貨を手に入れられる

などといった楽しみ方ができるイベントです。

イベント名ニャンフェス16
内容猫をモチーフにした雑貨などの展示及び販売
開催日2022年10月23日(日曜日)
開催時間11:00~16:00
会場東京都立産業貿易センター台東館
ブース数約260ブース
入場料前売券:600円
当日券:500円
その他備考小学生未満無料
当日券は13時からの販売
ニャンフェス概要

ニャンフェス16(2022)の感想・会場の様子

今回は筆者「たけのこ」が参加できなかったので、代わりに参加してくれたお嫁さんの体験談です。

どれもハンドメイドとは思えないクオリティの高い猫グッズばかりで、あっという間に時間が過ぎたそうです。

会場内には女性の来場客が多かったですが、夫婦・恋人同士で参加されている方もチラホラ見受けられました。

友達同士で参加されている方もいれば、一人でのんびり過ごされている方もいたりと楽しみ方は人それぞれでした。

開催は貿易センターの6Fエリアを貸し切って行われ、若干混みあっていた印象です。(7Fは当日券販売などに利用。)

今回は15時近くになっても、ある程度人が参加しており賑わっていました。

ニャンフェス16(2022)購入作品紹介

今回もニャンフェスで、たくさんの商品・作品を購入させていただきました。

どれも魅力的な作品ばかりでしたが、その中でも特にお嫁さんが心惹かれ購入してきた商品・作品を5つ紹介します。

たけのこ

どれも可愛らしいですよ♪

紹介する商品・作品は購入時掲載許可を頂いております。

ニャンフェス作品①ネコソダテ

  1. Twitter
  2. Instagram

日本で唯一のまじめな首輪®専門店「ネコソダテ」さんです。

猫用首輪をはじめ猫用品・雑貨を販売されており、過去にも何度かニャンフェスへ出展されています。

黒猫首輪ネコソダテ
ニャンフェス15購入時のネコソダテ首輪
たけのこ

前回、前々回でも紹介させていただきました

今回も筆者「たけのこ」の飼い猫トモくんのお土産にバンダナ風首輪を購入。

ネコソダテさんが製作されている「まじめな首輪®」は、首輪が苦手な猫ちゃんでも付けられると評判。我が家の飼い猫トモくんもお気に入りです。

今回は緑生地をベースにオムライスが描かれたバンダナ風首輪を購入。あまりの可愛らしさに筆者「たけのこ」とお嫁さんは悶えました。

ネコソダテさんの首輪は、こちらの記事でも紹介しています。

ニャンフェス作品②猫青年の隠れ家

  1. Twitter
  2. Instagram

猫青年の隠れ家」さんは、札幌市での活動をメインにされいるハンドメイドアクセサリー作家です。

猫をモチーフにした可愛らしいピアスやイヤリングなど多彩なアクセサリーを制作されています。

精細なデザインの作品も製作されており、ハンドメイドとは思えないレベルのクオリティでした。

たけのこ

今回はポニーフックを購入!

お嫁さん曰く、「前からポニーフックが欲しくて、デザインが気に入った」とのことです。

ニャンフェス作品③アトリエ ルノン

  1. Instagram
  2. creema

陶器にみえるにゃんこブローチと本物のお花アクセサリーを手掛けている「アトリエ ルノン」さんでも作品を購入させていただきました。

今回は飼い猫トモくんと同じ黒猫モチーフのブローチを購入。お嫁さん曰く「ちゅるん、とした見た目が可愛かった」とのこと。

独自の手法で樹脂を用いて陶器のような艶、滑らかな触り心地に加工しており、イアーカフとしても使えるそうです。

たけのこ

最初、本物の陶器製かと思いました

ニャンフェス作品④frankenji

  1. Twitter
  2. Instagram

アーティスト・絵描きとして活動されている「frankenji」さんの作品も購入させていただきました。

お嫁さん曰く購入の決め手は「黒猫のイラストと配色が可愛くて心奪われたから」とのこと。

耳がチョンと尖がっていて、どこか温かみを感じる色づかいの猫ちゃん達が非常に魅力的です。

当日のブースでは、ハロウィン仕様のイラスト作品も展示されていました。

たけのこ

お嫁さんも早速、カバンに付けてました

ニャンフェス作品⑤みんとぱーる工房

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. Facebook

みんとぱーる工房」さんは、猫モチーフのアクセサリー・雑貨を制作されています。

猫と桜刀の耳飾り
ニャンフェス15におけるみんとぱーる工房作品

前回のニャンフェス15でも、筆者「たけのこ」のお嫁さんは、みんとぱーる工房さんが製作された「猫と桜刀の耳飾り」に惹かれて購入しました!

たけのこ

お気に入りになったそうで、今回も購入させていただきました

今回は可愛い猫が連なったイヤリング「シェル猫」。本物の貝殻を使用して製作されたそうです。

猫感も強すぎないため、普段使いしやすいです。

ニャンフェス 過去出展作品を一部紹介

ニャンフェス過去作品紹介

過去開催時、筆者「たけのこ」がニャンフェスに参加して購入した戦利品の一部も紹介していきます(※画像掲載許可済み)

ニャンフェスを楽しむ参考にしてください。

たけのこ

下記をタップすると表示されます

衣類マスク
バッグ
ポーチ
巾着袋
Tシャツ
布財布
刺繍
靴下
スニーカー
猫型帽子
猫用品猫用帽子
猫の首輪
けりぐるみ
猫のおもちゃ
猫用のお面
爪とぎ
猫の洋服
アクセサリー指輪
ピアス
イアリング
ネックレス
猫用品
キーホルダー
ブローチ
日用品食器
箸置き
陶器
陶芸品
インテリア猫の人形
イラスト
ステンドグラス
ポストカード
羊毛フェルト
猫型フィギュア
ステッカー
ガラス作品
木工品
食品類どら焼き
食パン
せんべい
日本茶
その他雑貨カードケース
スタンプ
はんこ
スマホケース
猫型風船
猫写真集
猫シール
猫マンガ
フェイク植物
ニャンフェス出展作品ジャンル例

ニャンフェスには多種多彩な作品が出展され、ここでしか出会えない作品もあります。

プレゼントにもピッタリな作品が多数出展されますので、猫好きさんへの贈り物も探してみてください。

ニャンフェス会場へのアクセス

会場へ迷わず行けるか不安…

そんな方のために「ニャンフェス」が開催される東京都産業貿易センターまでのアクセスを解説します。

たけのこ

一度行ったことある方も確認しておきましょう!

筆者「たけのこ」は近道しようとしたら迷子になったので、大通りを使われることをオススメします。

浅草駅A5

まず浅草駅A5番出口を出て左側へ向かいます。

駅構内に案内が用意されているので迷わずA5に出れます。

ニャンフェス13
ニャンフェス13

まっすぐ進むと東武線浅草駅に着きます。

向かって左手側に進みます。

たけのこ

右側には浅草の名所のスカイツリーとアサヒビールが見えますが、その方向へは進みません

ニャンフェス13

まっすぐ進みます。

ニャンフェス13

さらにまっずぐ進みます。もうちょっとで到着です!

ニャンフェス13

会場の「東京都立産業貿易センター台東館」入り口に到着です。

駅からの所要時間は、のんびり歩いて約10分程度でした。

ニャンフェスの注意事項

ニャンフェスに参加される際は、新型コロナウイルス感染対策に留意し、以下についても認識しておきましょう。

  • マスクの着用義務
  • 接触確認アプリCOCOAのインストール推奨
  • スペース前での交流は短時間で済ませる
  • 購入列での間隔をあける
  • なるべく会話は控える
入場できないケース
  • 悪寒や咳、発熱などの症状が確認される
  • 2週間以内に海外から帰ってきた
  • 検温時37.5度以上を確認
たけのこ

感染対策と常識・マナーを守ってニャンフェスを楽しみましょう

ニャンフェス16(2022)感想 まとめ

ニャンフェスは猫好きであれば誰でも楽しむことができるイベントです。

開催ごとに参加するハンドメイド作家や出展作品も変わるため、新しい発見もたくさんあります。

たけのこ

筆者「たけのこ」は何度も参加していますが、いつも楽しんでます

是非、みなさんも次回のニャンフェスに参加されてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた猫

猫歴20年の「たけのこ」と申します!黒猫と一緒に生活中。好きな食べ物は「きのこの山」。【猫と飼い主の暮らしを‘‘ストレスフリー‘‘に!】そんな想いでブログ運営してます。ライター依頼受付中。【保有資格:ペット看護師/ペットセラピスト/ペットフード・マナー検定合格/管理栄養士/「上級心理カウンセラー」「JADP認定メンタル心理カウンセラー®」他】

目次